置き換えダイエットでリバウンドの効果的な防止方法と期間

置き換えダイエットでリバウンドの効果的な防止方法と期間

おきかえ
ダイエットをしていくと必ずと言っていいほど、あたるカベがリバウンド。
このリバウンドを乗り越えていくために必要な事は様々ですが、一番いけないのあ、精神論でリバウンドを突破しようとすると、
ストレスに耐えきれず、食べ過ぎてしまってリバウンドをしてしまう事もあります。
そんな大きな壁となってしまうリバウンドを少し違うダイエットのアプローチ方法として、我慢するダイエットから、
受け流すダイエットにして、リバウンド防止をしてみてはいかがでしょうか?
おの方法を置き換えダイエットで実践してみると意外にリバウンドをせずに思うようなダイエットができるでしょう。
このサイトではそういったリバウンドに対して置き換えダイエットで効果的に防止していく方法を説明していきます。

 

置き換えダイエットでリバウンドの効果的な防止方法と期間

 

ダイエットを行うとよくあるのが、リバウンド。
このリバウンドは、ダイエットの途中やダイエットの成功後に食事を元の量に戻した際におこる事が多い現象です。
しかも、体重が元に戻るよりも前より太ってしまう事もある為、頭を悩ませてしまう方も多いですね。

 

どんな状況であれ、リバウンドだけは免れたいものです。
このサイトでは、そんなリバウンドの効果的な防止方法や防止期間などを説明していきます。

 

ダイエットにおいてサプリも併用してみたいという方は、こちらのダイエット中の食事や間食は、こうすると確実に痩せる!!を参照してみるのも良いでしょう。

まずはリバウンドのしくみから

リバウンドをしない為には、リバウンドの仕組みを知る事が大切です。
どうしたときにリバウンドが起こるのか?
また、リバウンドが起こるときどのような変化が起こっているのか?を説明します。

 

リバウンドの理由にはホメオスタシスの機能と、レプチンによる満腹感の感じ方による作用や影響があります。

 

この二つを知って、リバウンドの防止策として置き換えダイエットの方法を説明していきます。

 

ホメオスタシスの機能

ホメオスタシスの機能とは、かんたんに言うと「生命維持装置」です。
これは、人が飢餓状態となり、餓死する事を免れるための機能としてあります。
具体的に言うと。私たちがいつも食べている食事量や栄養の内容などは体が通常の食事として記憶しています。例えば、自然災害などにより通常の食事を摂れない状態が続くとした場合に、いつも通りのエネルギーが取れないためだんだんと痩せていきますが、ある一定のところで体重が減らなくなります。
この体重が減らなくなっている状態の時にホメオスタシスの機能が働いているのですが、エネルギーが摂取されず消費ばかりされてしまっている為。このままの状態が続くといづれ餓死してしまうと体が感じて、消費エネルギーを抑え始めるのです。
つまり、体が省エネモードになってしまうという事。
そうする事で古来より不作の年でも人によっては餓死を免れ生き延びる事ができたのです。
これをダイエットに置き換えると正に同じ現象が起こります。
ダイエットはいかに摂取エネルギーを減らして、消費エネルギーを増やし、脂肪を減らすかを行う事なので、ダイエットを始めて、食事量を減らしたり、過剰に摂っていた栄養を減らす事で、脂肪は減っていきます。
この状況を体は気が状態であると認識して、体を省エネモードにしてしまうのです。
そうするとダイエット中の人が次に感じるのが「体重が落ちなくなった」という事。
これがよく言われる停滞期の正体でもあります。
この停滞期にダイエットを中止してしまったり、なかなか減らない体重に我慢が出来なくなって、ドカ食い・やけ食いが始まり結果、リバウンドをしてしまうという事が多くの場合に起こっています。

 

こうしたホメオスタシスの機能を回避する方法というのは、ダイエットをするうえで避けては通れぬ道であり、我慢大会をしなければいけません。
さて、ではどうやってそれを抜けていくのか?という事になっていきますが、答えは基本的に待つしかありません。
具体的な理由としては、ホメオスタシスの機能が働いている場合、食事量が減っているから緊急事態であると認識しています。
この緊急事態がポイントになるのですが、その減ったと認識している食事量を1ヵ月ほど継続していると、減ったはずの食事量が通常の食事量であると体が再度認識し直すのです。
そうなると、省エネモードは解除されて、通常のエネルギー消費を始める様になっていきます。そこまで我慢して初めてダイエットの成功と言えるようになっていくのです。
簡単に言うと、ダイエットを始めて停滞期を迎えたら、我慢して1か月くらい同じ食事量を継続する。という事なのです。
これがリバウンドの原因の一つであるホメオスタシスの機能です。

 

レプチンによる満腹感

次にレプチンという成分についてのお話しです。
私たちが食事を始めるとレプチンという成分が分泌されます。
このレプチンは満腹感をかんじさせてくれるのですが、感度が弱かったり、レプチンが分泌されていないと満腹感が感じられず思った以上に食べてしまってリバウンドをしてしまうという事です。
このレプチンの分泌は脂肪が多いと分泌量が増えて、少ないと分泌量が減るという関係にあります。また、脂肪が多いとレプチンの満腹感を感じる感度が鈍くなる事から更に食べてしまうという事でも知られています。
こういった理由から、ダイエットを始めて脂肪が減る事で、レプチンの分泌量が減ってしまって満腹感を感じにくい状態でホメオスタシスの機能によって停滞期に入り、我慢ができなくなって食事量が戻るもレプチンの量が少ない為、満腹感を得られずに食べ過ぎてしまってリバウンドをしてしまうという結果に至るのです。
このレプチンの分泌についても、脂肪が減ってしばらくするとレプチンの分泌量が元のyろうに戻るのでそれまでは、食事量を増やさない様に我慢して継続する必要があります。

 

置き換えダイエット

こうした停滞期やリバウンドの危機を回避するには、やはり食事量が問題になってきまます。停滞期に入ったら我慢して食事量をキープすれば良いのですが、そこが難しい問題ですね。
そうしたときに間食や空腹、あるいは食べ過ぎてしまいそうな夕食をスムージーや大量のサラダに置き換える事で食事量が増えてもカロリーを抑えて停滞期をのりこえる事が一つの方法となります。
単なる我慢大会だと負けてしまうリスクがありますが、カロリーの低いものを満腹になるまで食べて満足しながら停滞期を乗り越えるという方法もありではないでしょうか?